木彫を始めたきっかけHow did you start a wood carving.

木彫を始めた初めのきっかけ、実は覚えていません。
2012年の春、気がつくと、私はネット検索であらゆる「アフリカンマスク」の写真を見まくっていました。あの、自由でダイナミックなアフリカのお面にすっかり夢中になっていたのです。
実際に見てみたい・・・と思った私は、国内でアフリカンマスクが見れるところは無いだろうか、と探しました。すると、意外にも近くにあったのです。山梨県北杜市にある「アフリカンアートミュージアム」でした。

First did you start a wood carving, actually I do not remember.
2012 spring, when noticed, I was like crazy looking at the photos of all the “African mask” net search. That, and I became completely engrossed in your face of free and dynamic Africa.
I want to actually see! And I thought I, African mask is or would be no where to be seen in the country, was looking for a. Then, I unexpectedly was close! It was some “African Art Museum” in Yamanashi Prefecture Hokuto.

私はすぐに北杜市に飛んでいきました。そこはとても素敵な美術館でした。マスクに顔をギリギリまで近づけてにおいを嗅いだり、質感をじっと観察したり、五感を使ってアフリカンマスクや立像などを見ました。

そして「これだ!!!」と感じました。

マスクからあふれ出る躍動感、自由な発想、なにか懐かしく温かく、楽しい気持ちにさせてくれる面々。私もこのようなマスクを彫って世界の人たちにも同じような気持ちになってもらいたい、笑顔になってもらえたらいいな、と。

I went to see immediately. JIT is observed or … five senses the texture Dari smell close barely a face I saw such as African masks and statues in full rotation.
And I felt, “This is it!”.
Uplifting and overflow from the mask, free thinking, folks make me into something fun feeling. I also want you to become the same kind of feeling also to people of the world and carved such a mask, do not say if you can become a smile, and.

植草等雲先生との出会いEncounter with Touun Uekusa

山梨から戻った後、すぐに彫刻刀とホウの木を購入してマスクを彫り始めました・・・、が。刀が木に入っていかないのです。全く彫れませんでした。当たり前ですが、私は木の彫り方について何も判っていなかったのです。そこで、近くでアフリカンマスクのようなものの彫り方を教えてくれそうな教室を探しました。

After returning from Yamanashi, began carving the mask by buying immediately chisel and boric of wood …, but. The sword is not not enter the tree. It was not love at all. I am nothing did not know. So, I looked for someone could classroom teaching such things carved the way as African mask in the vicinity.

しかし、見つかったのは「家具製作」か「能面教室」ばかりでした。アフリカのアの字も無かったのです。落胆しかけた時、横浜に「何でも彫れます。何彫ってもよいですよ。彫り方お教えします、お手伝いします。」をうたう教室があり、ここなら教えてくれるかなと感じ、アフリカンマスクの写真集を持ってすぐ見学に向かいました。

早速、先生に写真集を見せ「面白そうだね、彫れるようになるよ」とおっしゃっていただき、とんとん拍子で即この教室に入ることに決めました。植草等雲先生とは、偶然のような必然の出会いでした。

However, found the was just “furniture production” or “Noh mask classroom”. When a despondent about to, “I anything is good. It will teach carving how you, and help to you” in Yokohama there is a specific classroom, and feel the kana will tell if here, just to have a photo collection of African masks tour.
Immediately, “looks interesting, I’ll become as carving” show a photo book to the teacher I am saying and, Soku it was decided to enter into this classroom. Encounter with Uekusa Tokumo teacher, I felt like a necessity, such as accidental.

次の週、ワクワクしながら教室に行きました。すると、ボン!と目の前に置かれた荒彫りの木。それは「お福」の面でした。『まずは能面を彫って基本を学ぶんだ』あれ?アフリカンマスク彫らせてもらえない?初日、かなり戸惑いました。

最初は生意気にもちょっと不貞腐れて彫っていましたが、すぐにお福の彫りに夢中になりました。日本のお面のかっこよさを感じ始めたのです。そして、植草先生の人柄、技、先生が彫る顔の雰囲気、木彫教室の仲間。全てが心地よく、今日に至っています。

Next week, while thrilled I went to the classroom. Then, handed the rough carving wood. It was the face of “Ofuku“. “First of all I learn the basics carved a Noh mask” there? Not get let carved African mask? The first day, I remember was pretty shocked.
At first was relieved to cocky in a little even defiantly, and became hooked immediately to Ofuku of carving. And, Uekusa teacher of personality, skills, teacher carve atmosphere of the face. All are comfortable, I am led to now.


Warning: Use of undefined constant info - assumed 'info' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gamute-lab/kunugi.in/public_html/wp-content/themes/marimekko/page.php on line 18

page top