先週、ヘルメットと内側に塗った漆がしっかりと乾いたところで、今日はヘルメット部分に本塗り「漆+炭粉」をしました。

  • 炭粉
  • 亀の子たわし
  • 棒ヤスリ

んで、手持ちの炭粉が少なくなってきたので、ネットで炭粉を購入しました。が、予想より非常に小さいケースで来たので勝手に驚く!この次に大きいサイズが5kgなので、さすがに5キロの炭の粉は無いだろ・・・と思ってこれを買ったのですが、こちらはこちらでびっくりのミニサイズでした。足りるか心配でしたが大丈夫でした。

そして、漆を塗る前に、白く塗った部分をタワシでゴシゴシしてみました。実際にマスクを使い込んだような味わいを出したかったためです。しかしこちら予想より何も起こらなかったので、大分前に買った棒ヤスリでさらにゴシゴシやってみました。どうだろう・・・変わったかなぁ。大胆にやってみたか?あたし。変わってないかな(汗)

ビニールで囲む

前回同様、漆をまんべんなく塗り、その湿った漆の上に、刷毛でパラパラと炭粉を落とし塗りしていきました。今回はヘルメット、髪の毛部分全体をやったので、とても時間がかかりました。こんなに長時間、漆を扱ったのは初めてなので、今日はかぶれるかな…と思ったのですが、半日経ちましたけど今のところ大丈夫です。花粉症なので、普段から目をこすっちゃって、この時期目廻りの粘膜がはれ上がってるので余計に漆にやられるのでは…!と。いつかカブレるんだろうなぁと思ってますが、いや、やっぱりカブレたくない…!と心の中でブツブツつぶやく…。

これで漆を乾かす

漆タイムに入ると、ずーっとカメラなど持つことが出来ず、作業過程の写真が撮れません。これらの写真は、半日お風呂場でマスクを寝かした後の、風呂上りにビニール袋に入ったお姿…。水の入ったコップをひとつ入れ、ビニールを閉じたところです。しばらくこのままで漆が乾くのを待ちます。

午後は、貸しギャラリーへ行って、本日ついに、個展を行うギャラリーの仮予約をしてきました。暫くの間ずっと2箇所の貸しギャラリーで迷っていたのですが、今朝目が覚めて突然、二つの理由が降りてきて、ということはこっちのギャラリーに決まりだ!と自宅に居ながら心に決めました。今日は迷っていた方のギャラリー見学に行く予定でしたが、もうそちらは捨てて、直接行って仮予約してきました。契約したらまたお知らせします。ではでは。

  1. Tags

page top